最近の二段ベッドは高い安全性に加えて低価格で機能性も向上している

2段ベッド

デザイン性や素材による

二段ベッドの中には木製品と鉄製品があり、比較的パイプベッドを使っているロフト形は低価格となっています。樹木を使った物は人気が高く、ベッドの幅や安定性、見た目やスペースへの配慮を含めて利用することが重要です。

睡眠

場所を取らない

二段ベッドは、狭い日本の住宅事情にぴったりの商品です。今では通販で簡単に購入し、自分で組み立てられるような商品が多く販売されるようになりました。子供の成長に合わせて組み替えられるというのも、利点だといえます。
ベッド

ベッドと空間活用について

限られたスペースを有効活用して複数人が寝るスペースを確保するのに、二段ベッドは有効な手段の一つです。特に最近は収納がついたタイプや子供向けにデスク・クローゼットが一体化したタイプの二段ベッドがあり、状況に応じて様々な使い方ができるのがメリットです。

室内

子供部屋にぴったりな家具

二段ベッドは寝具という役割に留まらず子供の成長を促すツールとしての役割も担っています。最近では自分で組み立てればよい低価格の二段ベッドもたくさんあります。ママ達の間でも子育て家族にはとても便利で長く使える家具として話題を集めています。
2段ベッド

組み立てが必要

通販の二段ベッドは、多くの場合は配達や搬送を手軽にするため、パーツごとに分けた状態で販売されています。ただしその分、レンチなど必要工具を揃えた上での組み立て作業が必要となります。中には、差し込むだけで手軽に組み立てることができる二段ベッドもあります。また、組み立てサービスを利用できることもあります。

婦人

部屋を広く見せるため

二段ベッドは、オーソドックスなデザインのものから機能性が高いデザインのものがたくさんあります。自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが出来るので魅力的です。また、狭い部屋でも睡眠場所をしっかり確保出来ることから睡眠の質を高めることも出来ます。
ベッド

通販でベッドを購入する

子供の為にベッドを購入する際、兄弟がいると二台必要になります。その分部屋も狭くなりますが、二段ベッドだと一台ですむので有効に部屋を使う事ができます。通販でも購入する事で足を運ぶ必要もなく、豊富な種類から希望のベッドを見つけやすくなります。

サイズや素材の違い

レディ

使いやすいものを選ぶ

二段ベッドには、ジュニアサイズのものと大人でも使用できるものとがあります。前者は、子供の小柄なボディに合わせて、全体がややコンパクトとなっています。具体的には多くの場合、長さが約180センチ、巾が約80センチなのです。また、子供は寝ている時にも体を大きく動かすことがあるため、それによって落下しないよう、上段にはベッドガードが取り付けてあります。さらに梯子も、スムーズな上り下りができるようにと、手すりやすべり止めが付いていることがほとんどです。一方大人用の二段ベッドはサイズがやや大きく、長さは約200センチ、巾は約100センチが平均です。また大人の体の重みを支えるために、より頑丈な構造となっています。耐荷重が300〜500キロほどなので、大柄な大人でも上段で安全に眠ることができます。また二段ベッドには、サイズだけでなく素材にも複数の種類があります。最も多いのはヒノキやチークなどの木材で作られた二段ベッドですが、近年ではより軽量で頑丈なスチール製の二段ベッドも増えてきています。木製のものは、木ならではの断熱性がある点と、美しい木目を楽しむことができる点がメリットです。そしてスチール製の二段ベッドには、板ではなくパイプで作られているので通気性が良く、なおかつ木製のものよりも価格が安いというメリットがあるのです。このようにそれぞれの二段ベッドに異なる特徴があるので、購入の際には最も便利に使用できるものを選ぶことが大事です。

Copyright© 2017 最近の二段ベッドは高い安全性に加えて低価格で機能性も向上している All Rights Reserved.