最近の二段ベッドは高い安全性に加えて低価格で機能性も向上している

ベッドと空間活用について

ベッド

機能性とメリット

兄弟で同じ部屋を使ったり、複数人のベッドを置きたいけれどスペースが狭いという場合に便利なのが、二段ベッドです。この二段ベッドを使うメリットは、大きく分けて二つあります。一つ目は先に述べたように、ベッドひとつ分の空間で二人が寝られるようになること、そして二つ目は、デッドスペースになりがちな部屋の上部空間も有効活用できることです。さらに最近は、単なるベッドとしての実用性だけでなく、様々な機能やデザイン性を持った二段ベッドが増えてきています。例えば天井までを無駄なく使い、ベッドと収納が一体化した二段ベッドや、壁に埋め込まれたようなデザインで安定性と見た目のスッキリ感を両立させた二段ベッドなどです。特に前者は、賃貸など収納を増やせない家庭でも置くだけで使たりと、汎用性の高さが魅力です。そして、その他にも、子ども用の二段ベッドで多いのが、デスクやクローゼットなど、子ども用家具と一体化したデザインのものです。ベッドは子ども部屋の中で一番大型の家具ですから、その周囲に他の家具を固めてしまうのは部屋のスペースを広く使う上で非常に有効な手段です。また、起床から就寝、そして勉強や着替えなど、子ども部屋ですべきことを最小限のスペースで行えることで、部屋が必要以上に散らかることも防ぎやすくなります。さらに共用スペースと各自のスペースも分けやすくなりますから、兄弟が共同生活をする上でも、こうした二段ベッドは効率がいいと言えます。

Copyright© 2017 最近の二段ベッドは高い安全性に加えて低価格で機能性も向上している All Rights Reserved.